雄島まつり

   雄島まつりの紹介。雄島まつりの日時・内容・歴史など細かく紹介しています。芦原温泉(あわら温泉)周辺の祭り情報が満載。

雄島祭(おしままつり) 芦原温泉(あわら温泉)周辺のお祭り情報

 芦原温泉を満喫しよう!Top > 雄島まつりの紹介
  

雄島まつりの紹介


雄島まつりを満喫しよう

日時:4月20日
一年の無事と大漁を願う祭です。
大湊神社の祭礼の一つで、海に出た父や夫、兄弟の無事を祈って、みこしを神社に奉納したのが始まり。

祭りは、朝から大湊神社で雅楽演奏と神事を行い、ハッピ姿の人達の獅子舞が舞われます。その後、神輿が出発、
神輿は、子供神輿、乙女神輿、船神輿の3つがあり、三国町安島地区を太鼓の音と共に練り歩きます。船神輿は安島漁港を泳いで横断し、夜に大湊神社に戻りクライマックスを迎えます。漁村独特の活気あるお祭です。


大湊神社は雄島にあり、雄島は
東尋坊の北西にある安島(あんとう)地区の沖、約150メートルほどに浮かぶ
原生林に覆われ、神秘さを漂わせる周囲約2キロメートルほどの無人島です。
この島は神代の昔から神の島と崇められ、昭和のはじめにかけられた赤い橋を渡って
険しい階段を上り左折したところに県の指定にもなっている拝殿と本殿を構える
大湊神社(おおみなとじんじゃ)があります。

雄島まつりの歴史
式内大湊神社は、雄島に鎮座されたのが白雉年間と伝えられており、今から約1350年前。三国町で最も古い頃の出来ごとであったと言われています。
大湊神社は、別名「雄島様」と呼ばれているのは、安島岬にある神島で、越前における最も突出した地の利に位置し、姿の美しい雄島を神聖な神島として、この周辺の人々から崇められ、「御島」とも呼ばれ、信仰されてたからです。この「御島」・「お島」が、後世「雄島」と呼ばれるようになったのです。
雄島は、この周辺の海で生活する人々の信仰の拠点として古くは6・7世紀頃にすでに存在しました。そして航海安全と豊漁の神様として崇められてきたのです。
4月20日前後になると以前は、イワシなどを追ってクジラが雄島近海に来て、豊漁を漁民に知らせてくれたので、その頃に大湊神社の春季例大祭を斎行してきました。春から夏、秋、冬の日本海の海産物に恵まれるようにと祈願する海の祭礼で、同時に海での事故もなく、健康であるようにと祈願されます。
そこで4月20日は、氏子の方々が、雄島に鎮座する大湊神社の本社を拝み、陸ノ宮(あげの宮)で祭礼を行い、神輿を担ぎ、神賑いをして、雄島の海の神様を一日中楽しませてサービスするのです。この祭りのことを「雄島祭」と呼んで毎年、大湊神社の最大の行事として奉仕してきたのです。大湊神社は、この周辺の母なる海の神様があたえて下さる海の幸に深く感謝し、同時に航海安全と豊漁を併せて祈願する祭礼が、雄島祭です。








メニュー
芦原温泉(あわら温泉) 歴史・概要
芦原温泉(あわら温泉) 泉質・効能
芦原温泉(あわら温泉) 湯めぐり手形
芦原温泉(あわら温泉) イベント情報
芦原温泉(あわら温泉) グルメ
芦原温泉(あわら温泉) お土産
芦原温泉(あわら温泉) 屋台村
三国湊 レンタサイクル

芦原温泉(あわら温泉) 観光
   東尋坊(とうじんぼう)
   越前松島水族館
   芝政ワールド
   三國神社
   ONOメモリ
   旧森田銀行本店
   みくに龍翔館(みくにりゅうしょうかん)
   荒磯遊歩道(ありそゆうほどう)
   御清水(おしょうず)
   越前がにミュージアム
   芦原海岸
   刈安山
   福井県立恐竜博物館
   一乗滝
   塩屋海岸
   雄島
   アイリスブリッジ
   北潟湖畔花菖蒲園

芦原温泉(あわら温泉)周辺のお祭り
   雄島まつり
   三国祭
   あわら温泉春まつり
   花菖蒲まつり
   三国花火大会

芦原温泉(あわら温泉)の旅館・ホテル
芦原温泉 露天風呂付き旅館・ホテル
芦原温泉 貸切風呂付き旅館・ホテル
芦原温泉(あわら温泉) 日帰り入浴
芦原温泉(あわら温泉) 交通アクセス


「じゃらん」で芦原温泉のお得なプランの旅館を探す
旅館に直接申し込むより、「じゃらん」で申し込む方がお得。個々の宿には、口コミ情報も。ほぼすべての旅館が紹介されてます

北陸の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)楽天トラベル
おすすめの芦原温泉の旅館・ホテルが見つかる。
各旅館の特徴や口コミ情報も満載


割引率の高い旅館を探すならトクー!トラベル

Copyright (C) 芦原温泉(あわら温泉)を満喫しよう! All Rights Reserved